北海道札幌市出身。沖縄の大学を卒業後、「道具としての包丁をつくりたい」と高知県へ。当時は弟子をとる鍛冶屋も、後継者育成制度もなく、土佐刃物の卸会社に入社。取引先だった鍛冶屋の一部を休日に借り独自に修行を始める。少しずつ鍛造職人としての腕を磨き2019年に「恭平鍛造」として独立。手入れの手間をかけてでも選んでもらえるような、よく切れて研ぎやすく、全世界の幅広い層の方に使ってもらえるような包丁をつくりたいという想いで包丁造りに励んでいる。

進藤恭平 Kyohei Shindo

3商品

おすすめ順 価格順 新着順

  • < Prev
  • Next >
3商品 1-3表示
  • <
  • 1
  • >
3商品 1-3表示
  • < Prev
  • Next >