恒久 Tsunehisa 菜切包丁165mm 青紙スーパー鋼 黒打 槌目 合板洋柄

18,700円(本体17,000円、税1,700円)

野菜のカットやみじん切りに適している菜切包丁です。白菜や大根など,大きめの野菜を切る際に切り残しなく切ることができます。また,お肉など重ねて切るのにも使いやすいです。

本職用の洋型包丁です。 鉄鋼の最高峰と呼ばれる青紙スーパーは切れ味の良さと長切れが特徴です。

鋼は錆びますが,お手入れしていただけば末永く使うことが出来ます

青紙スーパー鋼とは

日立金属で生産されている安木鋼の一つで、一般的に刃物に使われる鉄鋼は青紙鋼と白紙鋼が使用される場合が多いが、その中でも高価で鉄鋼の最高峰とも呼ばれるのが、青紙スーパー鋼です 。
ねばりや硬度に加え耐摩耗性に優れておりステンレスのハイス鋼にも匹敵する硬さで人気のある鋼材です。

SPEC 商品詳細

種類(Type) 菜切
 刃    (Blade) 両刃
全長(Length) 290mm
刃長(Edge) 165mm
重量(Weight) 167g
材質(Material) 青紙スーパー鋼
口金(Mouthpiece) 一体式
 柄    (Handle) 合板

恒久とは

恒久は、切れ味に一番大事な刃付けを当店で仕上げたオリジナルブランド商品です。 また、材質を最大限に生かす【刃研ぎのプロ】が最終研ぎ仕上げをして出荷しております。

イメージはありません。