田所 真琴 Makoto Tadokoro 三徳包丁180mm 銀紙三号鋼 UNIQUE design

55,200円(内税)

研ぎ師・田所 真琴氏の作品です

三徳包丁は万能包丁とも呼ばれ、果物、野菜のカットはもちろん、みじん切りや飾り切りにも最適。魚をさばくのにも大変便利です。用途に合わせて長さをお選び下さい。

鋼には安来鋼 銀紙三号を使用しているため錆びに強く、簡単なお手入れで大丈夫です。

個性的で美しい特別な柄

柄には同じものが二つとない、様々な木材を組み合わせた一点物の柄使用しています。堅く重く耐久性のあるココボロを軸に、アクセントにシンドラバールを組み合わせています。絵画のような独創的な柄と色彩は特別な存在感を放ち、所有する悦びを満たしてくれるでしょう。

銀紙三号とは

鍛造できるステンレス鋼で、炭素鋼並の硬さを持っており永切れし,なおかつ研ぎやすいため、お手入れも楽です。 サビにも大変強いので、衛生的にお使いいただけます。

SPEC 商品詳細

種類(Type) 三徳
 刃    (Blade) 両刃
全長(Length) 325mm
刃長(Edge) 185mm
重量(Weight) 164g
材質(Material) 銀紙三号鋼
口金(Mouthpiece)
 柄    (Handle) シンドラバール、ココボロ、シンドラバール

田所 真琴 とは

15歳で刃物業界に入り,2010年土佐包丁工房田所刃物として独立。包丁の本場、大阪堺で一番の研ぎ師に支持し磨いた技術は国内外からの評価も高く、またその包丁にかける熱い思いから信頼も厚い日本屈指の研ぎ師。次の世代へと繋ぐ意識も高く、新たな包丁業界を担う存在としてより良いものづくりを目指し日々励み続けている。