【池田拓視】 筋引き包丁 九寸(270mm) 青紙スーパー鋼 アメリカンチェリー八角柄

32,800円(内税)

安立勝重氏の弟子、池田拓視氏の作品です

筋引き包丁は、お肉の筋取りはもちろん、スライス(薄切り)にも適している便利な包丁ですので お肉専用のプロの料理包丁としてもおすすめです。

鉄鋼の最高峰と呼ばれる青紙スーパーは切れ味の良さと長切れが特徴です。

丁寧に磨かれたダマスカス模様は素晴らしく綺麗です。
今後、期待の若手鍛冶の作品をお届けいたします。

青紙スーパー鋼とは

日立金属で生産されている安木鋼の一つで、一般的に刃物に使われる鉄鋼は青紙鋼と白紙鋼が使用される場合が多いが、その中でも高価で鉄鋼の最高峰とも呼ばれるのが、青紙スーパー鋼です 。
ねばりや硬度に加え耐摩耗性に優れておりステンレスのハイス鋼にも匹敵する硬さで人気のある鋼材です。

SPEC 商品詳細

種類(Type) 筋引き
 刃    (Blade) 両刃
全長(Length) 430mm
刃長(Edge) 270mm
重量(Weight) 145g
材質(Material) 青紙スーパー鋼
口金(Mouthpiece)
 柄    (Handle) アメリカンチェリー八角柄

池田拓視 とは

福井県の越前打ち刃物の造り手。伝統工芸士 安立勝重氏の弟子、鍛冶職人の未来を担う一人です。

イメージはありません。