土佐名工【邑田武峰】作 小三徳包丁(150mm) 黒打ち刃物 鉄鋼の最高峰 青紙一号鋼 洋柄

15,400円(内税)

三徳包丁は、菜切りと牛刀の特徴を兼ねた万能包丁ですので 肉、野菜切りに幅広く使える包丁です。 見た目は、荒々しい作りですが、 名工ならではの技術が注ぎ込まれています。

使っていただければ、その素晴らしさに 納得していただける商品です

青紙1号鋼とは

炭素を多く含み、青紙2号と比べてより硬度が高く粘りがあり、耐摩耗性に優れた高級鋼材です。硬度が増し、曲がりに強く切れ味の鋭さは抜群です。

SPEC 商品詳細

種類(Type) 三徳包丁
 刃    (Blade) 両刃
全長(Length) 310mm
刃長(Edge) 270mm
重量(Weight) 165g
材質(Material) 青紙1号鋼
口金(Mouthpiece)
 柄    (Handle) 合板

邑田武峰 とは

土佐の黒打ち包丁の名匠。邑田氏の造る手打ち鍛造包丁は、優れた刃もちの良さと鋭い切れ味が特徴である。

黒打ち仕上げの趣ある刃物を造り出す名匠。匠の技により鍛えあげた黒打ち仕上げの包丁はサビに強く、優れた刃もちの良さと鋭い切れ味が特徴である。荒々しい見た目からワイルドな料理人にも支持されており、2009年には高知県を代表する名工のみに贈られる「土佐の匠」を受賞している。

イメージはありません。