【佐治武士】 桜巻柄 文化包丁 (180mm) 青紙鋼 有色ダマスカス 桜鞘付き

36,000円(内税)

越前打刃物を代表する 佐治武士 氏の作品です

和式ナイフで世界に的に有名な佐治武士氏 地金模様がとても美しく、素晴らしい造りの包丁です。 伝統工芸士、佐治武士氏の作品をお楽しみください。

文化包丁は、三徳包丁同様に肉や魚、野菜など何にでも使いやすく、万能包丁としてお使いいただけます。


柄と鞘には日本の代表樹である桜の樹皮を用いた贅沢な一品となっております。

有色ダマスカスがとても綺麗な模様となって表れていますので、贈答品にもお勧めです。

青紙鋼とは

安木鋼の一種で白紙鋼にクロム、タングステンを加えた日本鋼で、硬度が高く粘りもあるので 切れ味が持続します。鋭く切れるため切り口が大変滑らかで大変人気のある高級鋼です。

有色ダマスカス とは

刀身に真鍮や銅を重ね合わせた鋼材であり,この見た目の美しさから贈答品として人気の素材です。

SPEC 商品詳細

種類(Type) 文化包丁
 刃    (Blade) 両刃
全長(Length) 305mm
刃長(Edge) 180mm
重量(Weight) 226g
材質(Material) 青紙鋼
口金(Mouthpiece)
 柄    (Handle) 桜巻

佐治武士 とは

越前鍛冶の名工。史上最年少(44歳)の若さで伝統工芸士に認定される。美術工芸品としても熟練した技術で作る作品が人気の佐治氏。1本1本手造りで丹精の込められた刃物は、日本国内だけではなく、海外の方にも大変人気のあるブランドとして愛用されています。

カテゴリーから探す

グループから探す

CONTENTS