【尾形 峻吾】 牛刀包丁 七寸 (210mm) 白紙鋼 黒打 墨流 紫檀柄

16,800円(内税)

★越前鍛冶・尾形 峻吾氏の作品です★

お肉の筋切り、皮むきや果物のカット、野菜のみじん切りなどその他調理に優れている牛刀包丁です。 もっとも使いやすい人気の長さで万能庖丁としてもお使いいただけます。 用途に合わせて長さをお選び下さい

鋼材は、高級鋼白紙鋼を使用しておりますので 鋭い切れ味を実現しました。

鋼は錆びますがお手入れをしていただければ末永くお使いいただけます。

白紙鋼とは

炭素を多く含み合成成分はサブゼロの砂鉄系の高級鋼材です。職人の手で鍛え上げる事により、硬度が増し、曲がりに強く切れ味の鋭さは抜群です。

SPEC 商品詳細

種類(Type) 牛刀
 刃    (Blade) 両刃
全長(Length) 365mm
刃長(Edge) 210mm
重量(Weight) 159g
材質(Material) 白紙1号鋼
口金(Mouthpiece)
 柄    (Handle) 紫檀柄

尾形峻吾とは

福井県の越前打ち刃物の造り手。越前打ち刃物 加茂藤刃物の弟子。 鍛冶職人の未来を担う若手職人の一人です。また、若手でありながらもフランスパリにて研ぎ実演と講習講師を務める期待の鍛冶職人。

イメージはありません。