【藤原 照康 】骨スキ 五寸(150mm)槌目 洋柄 総手造

32,800円(内税)

定価 39,800円(内税)

(通常価格)39.800円(税込)32,800円

藤原照康 作「幻の名刀」シリーズ

骨スキとは、骨がついたお肉などから、肉をだけを剥がす際などに便利な包丁です。
ペティナイフのような風貌をしていますが、身幅は約3mmと太いです。
刃が骨に当たった際にも欠けたりしないよう、太めの歯がついていますので出刃包丁のように使っていただくことも可能です。

明治3年創業時より培われた鍛冶工としての技術を惜しみなく注いだ刃は切れ味抜群です。

鋼材は、高級鋼である白紙鋼を使用しており、鋭い切れ味を実現しました。

白紙鋼とは

炭素を多く含み合成成分はサブゼロの砂鉄系の高級鋼材です。職人の手で鍛え上げる事により、硬度が増し、曲がりに強く切れ味の鋭さは抜群です。

SPEC 商品詳細

種類(Type) 骨スキ
 刃    (Blade) 片刃
全長(Length) 270mm
刃長(Edge) 150mm
重量(Weight) 151g
材質(Material) 白紙1号鋼
口金(Mouthpiece)
 柄    (Handle) 洋柄

藤原照康 とは

伝統の鍛冶工の技を「総手造り包丁」へ。明治初期からの刀剣作りの技術を受け継ぐ東京の伝統工芸士。 錆びにくく本物の切れ味を生み出すため、鋼とステンレスの三層構造の包丁を作っています。 1本1本総手造りで造られる包丁は鋼の鋭い切れ味を持ちながら、錆びにくく手入れのしやすさが特徴です。

イメージはありません。

カテゴリーから探す

グループから探す

CONTENTS